俳句のぼり(8月)完成しました!(岡山大学俳句研究部)

岡山大学俳句研究部より、8月の俳句が届きました。今月の句は
補助輪の浮く自転車や朝曇」です。

作者コメント

補助輪が浮いていることから、補助輪をよく使っており、もうすぐ外しても良いのではないかと思われます。朝曇は、一種の希望であり、今後、補助輪無しで気持ちよく自転車を漕ぐ子の姿が想像できます。

解説

掲句の季語は、「朝曇」で、季節は夏。旱の朝曇などと言われて、昼から暑くなる日は、朝、一時的にどんより曇ることが多い。季語として定着したのは、近代以降とのことで、

・朝曇り墓前の土のうるほひぬ … 飯田 蛇笏

・甕はその重みに坐り朝曇   … 村越 化石

などの秀句があります。

掲句からは、補助輪に頼ることなく、カラカラと音を立てながらスピードを上げ、殆ど、自走しかかっている子どもの姿が浮かんできます。まだ、不安はあるが、もう直ぐ補助車なしで、走れるようになるだろうと言う希望と、必死で漕いでいる現在の不安が錯綜する心の葛藤を、「補助輪の浮く」という七文字に凝縮させたものです。

補助輪が浮いた時の乾いた音に対し、不安感を想起させる朝曇という季語の斡旋が見事。作者の力量は心憎いばかりです。

岡山大学俳句研究部 過去の作品

俳句のぼり 7月
俳句のぼり 6月
俳句のぼり 5月
俳句のぼり 4月
俳句のぼり 3月
俳句のぼり 2月
俳句のぼり 1月
俳句のぼり 12月
俳句のぼり 11月
俳句のぼり 10月
俳句のぼり 9月
俳句のぼり 8月
俳句のぼり 7月
俳句のぼり 6月
俳句のぼり 5月
俳句のぼり 4月
俳句のぼり 3月
岡山大学俳句研究部 応援のきっかけ

投稿日時:2020年8月21日
先頭に戻る