会社概要

 

 

法人名 おひさまエナジーステーション株式会社
所在地  本社:〒700-0817
岡山県岡山市北区弓之町10番9号
TEL:086-225-0233 FAX:086-225-8868

 大阪オフィス:〒541-0053
大阪府大阪市中央区本町3丁目1番2号 サンメリービル4F
TEL:06-6262-9713 FAX:06-6262-9712

(地下鉄御堂筋線 本町駅下車C階段3番出口方面御堂筋本町ビル地下連絡出口より徒歩5分)
 東京サテライト:〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町16-16 iTEXビル(ご当地エネルギー)
設立年月日  2012 年5 月28 日
資本金  1,000 万円
代表取締役  松本照生
・備前グリーンエネルギー研究所 研究員
・株式会社コープエナジーなら
業務内容 エネルギー開発支援事業
・太陽光発電 ・太陽熱利用
・小水力発電 ・風力発電
・木質バイオマス発電・熱利用
エネルギーサービス事業
・おひさま熱サービス(太陽熱利用)
・おひさま電気サービス(太陽光発電)
・エネルギー減らすサービス(断熱ガラス)
エネルギーシフト支援事業
・省エネ事業
・BCP導入支援(蓄電池)
・小売電気事業導入支援
・環境経営コンサルティング
ITソリューション事業
・スマートエネルギーソリューション(スマートコミニティ、スマートグリッド、
スマートハウス)
・流通・⼩売システムソリューション(⽣活協同組合向け業務ソリューション)

※これら事業に関わる企業経営全般に関するコンサルティング業務

取引先銀行 中国銀行(岡山駅前支店)
トマト銀行(本店営業部)
関連会社 おひさま井原発電株式会社(2013年2月5日設立)
おひさまミドルソーラー発電株式会社(2014年1月10日設立)
おひさま浜田発電株式会社(2014年9月26日設立)
おひさま浅口発電株式会社(2014年11月13日設立)
株式会社コープエナジーなら(2015年6月18日設立)
おひさまミドル姫路発電株式会社(2017年3月27日設立)
関連団体 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
一般社団法人 全国ご当地エネルギー協会
一般社団法人 岡山経済同友会
岡山商工会議所
一般社団法人 クラブヴォーバン
一般社団法人 AZ-COM丸和・支援ネットワーク
一般社団法人 日本エネルギーパス協会
日本気候リーダーズ・パートナーシップ(Japan-CLP)賛助会員
一般社団法人 グラミン日本準備機構 賛助会員
気候変動イニシアティブ
取引先 市民生活協同組合ならコープ
株式会社CWS
株式会社コープエナジーなら
株式会社コープ環境サービス
生活協同組合コープこうべ

 

社長メッセージ(2018年度)

安全・安心のエネルギーを供給していく。私たちの変わらぬ想いです。

働いている職場や地域によってその人が置かれている環境が異なるため、共通の想いとして「Comfortable Energy」として、ホームページのトップページを変更しました。みなさんにとって、「心地良いエネルギー」って、どんなエネルギーでしょうか?

最近新聞紙面等をにぎわしている話題の1つが電気自動車(以下、EV)です。これまで、私たちは再生可能エネルギーの電源開発、小売電気事業の開発・運営、ゼロエネルギー住宅(ZEH)の研究に取組んで来ました。電気自動車の普及は、エネルギー大転換という位置づけでさらに大きな流れが生まれてくると、誰もが予想していると思います。

さらに、我々のような再生可能エネルギーの普及を目指すプレイヤーにとって、いま一番注目しているのが「太陽光発電2019年度問題」です。この問題というのは、主に家庭における太陽光発電の系統連系が成立している発電所の余剰電力の買取期間が終了していくというものです。2009年度に運転開始したものと、それ以前から運転開始しているものを合わせると、56万件もの住宅用太陽光発電の電力売電期間が終了することになります。つまり、2019年11月からFIT制度の買取期間が終了していくことを意味します。

(出典:資源エネルギー庁資料)住宅用太陽光発電導入件数(累計)

1件あたり1,000kWhの余剰電力を1,000世帯分集めることができれば、約100万kWhの電力を有効利用することができます。これは、1MW(メガ)の太陽光発電システムの年間発電量に匹敵することになります。

一方で、自動車関連の統計では、2017年9月末における日本の乗用車(軽自動車含む)保有台数は約6,200万台です。巷では、これに加えて「シェアリングエコノミー」や「自動運転」などのキーワードが注目されています。

これらのポテンシャルやビジネススキームを鑑みると、家庭における蓄電池は、もしかすると定置よりもEVの方が有利かもしれないと考えています。
家庭における余剰電力をEVに優先して活用することはもっと大きな意味があります。家庭でできた電気をEVに利用することによって、本当のゼロエミッションが実現します。現在走行しているEVは、給電された電気の排出係数に依存します。今後私たちが目指していくEVの普及は、単なる「排ガスゼロ」のEVでなく、再エネ由来のエネルギー(電気)によって走るEVが普及することが大切となります。

昨年は、アフリカのザンビアにも訪問しました。「SDGs」の現場を目の当たりにし、経済格差を肌で感じました。ただ、経済優位性がすべてではなく、人それぞれの幸福度が大切であると感じました。残念ながら、大自然の宝庫であるアフリカにも、多くの中古車が普及しつつあります。それも排ガスをたっぷり排出タイプの車輛です。日本製もたくさんありました。

(写真:まつもとてるお撮影)ザンビアで買い物用に利用されていたバス

SGDsの取り組みの鍵の1つは「再生可能エネルギー」だと思います。すべての取り組みは有機的につながっており、例えば、「再生可能エネルギー」の収益で何かの課題を解決していくやり方が良いと考えています。世界の動向も見ながら、可能な限り、なんらかの支援をして続けて行きたいと考えています。

私たちのミッションは、安全・安心のエネルギーを供給できるプラットフォームを広げていくことです。
引き続き、皆様からのご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

<会社設立6周年>
2018年5月28日
おひさまエナジーステーション株式会社
代表取締役社長 松本照生

 

松本 照生 -Teruo Matsumoto-

おひさまエナジーステーション株式会社 代表取締役社長
安全・安心のエネルギーを供給していきたい。
そんな想いの中、2005年、生活協同組合コープこうべを退職し、環境エネルギー事業に取り組み始めました。その後、備前グリーンエネルギー株式会社(岡山県備前市)を立ち上げ、市民出資による省エネ・オンサイト太陽光発電事業・バイオマス事業の企画と運営に取り組んできましたが、3.11を機に「安全・安心のエネルギーの普及」に特化した事業を展開するため、弊社を設立しました。
いま、電力の民主化がまさに始まろうとしていますが、我々が建設する発電所の1つ1つが、未来社会に遺す最大の遺物になり、豊かな人間社会を営む社会インフラとして機能できるように取り組んでいきます。

石井 貴朗 -Takaaki Ishii-

おひさまエナジーステーション株式会社 代表取締役
電気を通じて皆様に快適・安全・安心を届けたい。
エネルギーの地産地消を実現したい。その思いから松本とともに弊社を設立いたしました。照明、太陽光、蓄電池、音響、デジタルテレビ、インターネット等、世の中は、電気の流れるものであふれていると同時に電気なしでは生活できない環境となっています。地域の皆様に安心して電気を使っていただける環境を創っていけるよう微力ではありますが、日々精進を続けてまいります。

戸田 拓也 -Takuya Toda-

おひさまエナジーステーション株式会社 取締役 中小企業診断士
協同の力でエネルギー問題を解決したい。
1993年 生活協同組合コープこうべに入所して、これまで組合員と接する現場を手始めに、物流や人事、BCP(事業継続計画)といったさまざまな分野での企画業務に携わってきました。
しかし、10年前に弊社代表取締役・松本とともに夢見た発電事業の立ち上げという夢があきらめきれず、2014年8月コープこうべを退職してパートナーとして参画しました。生協での実務経験を活かして、市民運動としての側面を持った再生可能エネルギーの開発に尽力してまいります。

古川 明 -Akira Furukawa-

おひさまエナジーステーション株式会社 顧問
%e5%8f%a4%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93環境に優しいエネルギー開発・導入支援に貢献します!
戦後、長きに亘って日本の発展を下支えしてきた基幹エネルギー産業のひとつである石油業界(三菱石油【現JXエネルギー】)に携わってきた経験を活かし、新たなエネルギーとして注目を集める太陽光をはじめとする再生可能エネルギー、自然エネルギーなどの開発・導入、省エネの支援など、今後、子供・孫の時代においても地球環境が持続可能となるようエネルギーのベストミックス構築に向けたお手伝いができたらと思っています。

先頭に戻る