VPP(バーチャルパワープラント)

電気を近所で「おすそ分け」

これまで私たちは、遠く離れた大型の火力や原子力発電所で作られ、長い送電線を使ってやってきた電気を使っていました。
しかし、最近では太陽光発電や蓄電池が身近なものになり、わざわざ遠くから電気を運ばなくても、近所でうまく制御するだけで、電気の融通ができる可能性が出てきました。

点在する小規模な再エネ発電や蓄電池、燃料電池等の設備と、電力の需要を管理するネットワーク・システムをまとめて制御することで、複数の小規模発電設備やシステム等を、あたかも1つの発電所のようにまとめて機能させることから、「仮想発電所=バーチャルパワープラント」(以下、VPPと略します)と呼ばれます。

ここ数年で、太陽光発電や燃料電池など規模の小さな発電設備が、住宅やオフィスなどに広く散らばって設置されるようになりました(小規模分散型電源)。これはつまり、これまで電力を使うだけだった私たち(需要家)も、電力会社と同じように電力をつくることができるようになっているということです。

また、蓄電池や電気自動車、ヒートポンプなども普及したことで、分散してエネルギーを貯めることもできるようになりました。

これらにより、発電設備により発電した電気を使ったり、発電した電気が余っているときには蓄電池に貯めておいて、必要なときに使ったりすることができるようになるのです。

また、それぞれの需要家が節電することで、大規模な発電所の稼働を減らす「ネガワット」と呼ばれる取り組みも進んでいます。

(出典:資源エネルギー庁)

VPPが普及すると、再エネを無駄なく使えるように

再生可能エネルギーによる電力は天候などの環境によって発電量が変わります。しかし、IT技術や通信技術の進歩によって、たくさんの発電設備や蓄電設備を、需給の状況に応じて、リアルタイムに細かくコントロールできるようになり、ムダなく使うことができるようになってきています。

今後ますます普及が進むVPPや太陽光発電にご興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。候補地点・導入検討のご相談はこちらから。お電話でのお問い合わせ 086-255-0233 または お問い合わせフォームへ

先頭に戻る