【卒FIT】大手電力会社の買取メニューの発表時期が公表されました!

卒FITって?

住宅用太陽光発電の固定買取制度では、ご家庭の余剰電力を何年間買取ってもらえるかご存知ですか??10年間です!!

2009年11月にスタートした固定買取制度ですが、10年が経過する2019年から買取期間が満了していきます。いわゆる「卒FIT」や「太陽光2019年問題」と呼ばれているものです。

2019年・・・つまり今年の11月から買取期間の満了を迎える方が出てくるのです。2019年の11月・12月だけで約53万件、累積では、2023年までに約165万件と言われています。

個別通知・買取メニューに関するスケジュール


(出典:資源エネルギー庁

ご自分の買取期間満了時期については、現在、電力を買取っている電力会社等から、個別に通知されます。

通知の時期は、電力会社等によって異なり、先行して通知されるケースもありますが、おおむね、買取期間満了の6~4ヶ月前とのことです。

買取期間満了後の対応は?

太陽光発電システムは、買取期間満了後もまだまだ使用できます。

買取期間満了後は、発電した電気をどのように使うのか自分の生活スタイルに合わせて決める必要があります。

  ①大手電力会社・新電力に購入してもらう
  (新電力:既存の大手電力会社である一般電気事業者とは別の、「特定規模電気事業者(PPS)」)
  ②蓄電池に貯める→創蓄
  ③電気自動車を購入して、電気自動車に蓄電する
  ④昼間エコキュートを運転する

など、電気の使い道を自分で決めなければいけません。

具体的な買取メニュー

おおむね、2019年4月~6月ごろ発表される予定です。

大手電力会社の買取メニューの発表時期も公表されています。


(出典:資源エネルギー庁

その他、色々な買取メニューやサービスが公表されていきますので情報をきちんと収集していきましょう!

おひさまでも、引き続き、情報発信していきます!

投稿日時:2019年2月1日
先頭に戻る