「レジ袋チャレンジ」が始まっています!

レジ袋チャレンジとは?

2020年7月1日からレジ袋の有料化が始まっています。

レジ袋有料化をきっかけに、プラスチックごみ問題について考えていただき、日々の買い物でマイバッグを持参して、“レジ袋はいりません”、“レジ袋は結構です”と辞退することが当たり前になる、そういった一人一人のライフスタイルの変革を目指す環境省のキャンペーンです。

今まで当たり前のようにレジ袋が提供されていましたが、それがレジ袋を3円や5円で購入しなければならない・・・となるとちょっと考えてしまします。

実際、買い物に行ってもマイバッグを忘れてしまったり、あちこち買い物に行ってマイバッグが足らなくなったり・・・やはり、今までとは違うというのが実感です。

どうしてレジ袋を有料化するの?

環境省のHPにとても分かりやすく説明が書かれています。日本は、主要な地域国の中で2番目にプラスチックの廃棄量が多いそうです。

2050年には、魚の量を上回るプラスチックごみ、大阪湾に沈むレジ袋300万枚と聞くとちょっと恐ろしいですね。やはり、プラスチック廃棄量を減らさないといけません。

(出典:環境省 レジ袋チャレンジHP

まずは、一人ひとりが意識して一番身近なレジ袋使用量を減らしていくことが、確実にプラスチックごみ削減につながっていきそうですね。

レジ袋有料化Q&A

法令対象となるプラスチック製買い物袋などが書かれています。

・素材・持ち手・商品を入れるか・辞退できるか・・などの基準によって有料になるか判断されているようです。ぜひ参考にどうぞ。

(出典:レジ袋有料化Q&A

投稿日時:2020年7月17日
先頭に戻る