2020年度 太陽光発電設備第6回入札が延期になりました

2020年度、250kW以上の太陽光は入札制度になりました。

2020固定価格買取制度(太陽光)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、全都道府県について緊急事態宣言が発出された状況を踏まえ、5月1日を予定していた、太陽光発電設備第6回入札の事業計画の受付開始を、当面の間、延期することが、4月24日の調達価格等算定委員会で決定されました。

○第56回調達価格等算定委員会
https://www.meti.go.jp/shingikai/santeii/056.html

・延期後の受付開始時期については、緊急事態措置の状況等を踏まえ、再度、調達価格等算定委員会で検討を行う。(検討を実施する時期は、5月末を目処とする)

・その際、当初の予定通り2020年の太陽光入札を2回実施することを基本としつつ、必要に応じて、入札実施回数の変更やこれに伴う募集容量の変更を含む柔軟な対応を検討する。

とのことです。また、具体的なスケジュールが決まりましたらお知らせいたします。

一般社団法人 低炭素投資促進機構HP

投稿日時:2020年5月8日
先頭に戻る