FIT制度における2020年度の買取価格・賦課金単価等が決定されました!

2020年3月23日、経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)における2020年度の買取価格・賦課金単価等を決定しました。

https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200323005/20200323005.html

10kW未満の住宅用太陽光は価格が下がり、21円/kWhに(調達期間10年)。10kW以上50kW未満のFIT価格は13円/kWh+税(調達期間20年)。2020年度からは、10kW以上50kW未満の太陽光発電は、自家消費型で災害時に活用可能であることなどを条件とする「自家消費型の地域活用要件」が設定されます。

また、50kW以上250kW未満のFIT価格が12円/kWh+税(調達期間20年)。太陽光発電は、2020年度からは250kW以上が入札制度の対象となるようです(調達期間20年)。

その他の買取価格はこちら。

また、2020年度の再エネ賦課金単価も決定しました。2020年度の再エネ賦課金単価は、1kWh当たり2.98円。2019年度は1kWh当たり2.95円だったので、0.03円の負担増になります。

目安として一ヶ月の電力使用量が260kWhの需要家モデルの負担額を見ると年額9,288円、月額774円となります。

2020年度の賦課金単価は、2020年5月検針分の電気料金から2021年4月検針分の電気料金まで適用されます。

投稿日時:2020年3月24日
先頭に戻る