太陽光発電+蓄電池の実証実験に参加しませんか?(奈良県)

エネルギーをつくって分け合う実証実験

2017年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(以下VPP)構築実証事業費補助金」にパナソニック㈱が採択されました。

ならコープグループもその趣旨に賛同、参画することとなりました。

国の補助金を活用して、太陽光発電+蓄電池を導入。
ご自宅が、電気を太陽光発電で「つくる」蓄電池で「ためる」ことができる発電所となります。
また、電気代が減ったり、災害時の備えになったりとメリットもたくさん。

興味のある方は、説明会も開催されますので、ぜひご参加ください。

また今回の設備導入時には、実証実験価格から「国の補助金」「奈良県のスマートハウス普及促進事業補助金」「(一財)再エネ協同基金の助成事業」などを活用できる可能性が。

導入には期日がありますので、お早目にご検討ください。
詳細はこちら↓

市民生活協同組合 ならコープ機関紙「あをがき」9月号に掲載しています。

投稿日時:2017年9月5日
先頭に戻る