固定価格買取制度(平成25年度)と住宅用太陽光発電システム(平成25年度)などについて

すでにご存知かもしれませんが、再生可能エネルギー関連の新着情報です。

<新着情報>

1.固定価格買取制度の平成25年度調達価格等の改正

固定価格買取制度の平成25年度調達価格等の改正について、3月22日までパブリックコメントを実施しています。

(改正案)
太陽光発電については以下の通りとし、風力発電、中小水力発電、地熱
発電、バイオマス発電の各区分については平成24年度の調達価格を据
え置く(調達期間については、いずれの調達区分についても変更なし)。

・太陽光発電 (10kW以上):36円/kWh
(税込で37.80円/kWh)
・太陽光発電 (10kW未満):38円/kWh
(消費税及び地方消費税の額に相当する金額を含む)
(施行期日)
平成25年4月1日から適用します。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620113010&Mode=0

2. 住宅用太陽光発電システムの平成25年度の補助金額決定

平成25年度の住宅用太陽光発電導入支援補助金の補助金額が決定し
ました。

・1kWあたりのシステム価格が41万円以下のもの 2.0万円/kW
・1kWあたりのシステム価格が50万円以下のもの 1.5万円/kW

平成25年度の補助金申込みは、平成25年4月17日(水)より開始する
予定です。

http://www.j-pec.or.jp/news/t13031401.html

3.2012年12月末現在の再生可能エネルギーの発電設備の導入状況を
公表します

2012年4月〜12月で約117.8万kWの再生可能エネルギーの発電設備
が導入されました。そのうち9割以上が太陽光発電となっています。
(各県別認定状況のデータもダウンロードできます。)

http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/dl/setsubi/201212setsubi.pdf

以上

投稿日時:2013年3月18日
先頭に戻る