ペレットボイラー事業について(奈良県・三郷町)

4月27日に奈良県生駒郡にある三郷町役場にて、奈良県主催の木質バイオマス
利活用検討会議にオブザーバー参加をしてきました。

奈良県における平成26年度木質バイオマス実証実験結果の紹介を聞くことが
できました。その後、平成27年度の木質ペレットボイラー及びストーブ導入
助成制度の説明がありました。

その後、平成26年度の木質バイオマス実証実験で導入した「三郷町もみじ湯」
を見学しました。

以下、現地の写真です。

IMG_3998小

IMG_4001小

IMG_4005小   

IMG_4007小                

・ペレットボイラー出力290kW
(これまでは石油ボイラーを活用)
・最大出力熱量:250,000kcal/h
・設置費用(設置配管工事費込):約24,000千円
(内、補助金 で2分の1を活用)
・ペレットはサイロに3週間に1度投入(4800〜6000kg/回)
・1週間に1度灰掃除をする。約20kg程度(一斗缶分)の灰が出る
・ペレットは三重県業者から購入。43円/kg(税抜き)
・およそ、石油とペレットの燃料価格の差で、約10年で投資回収できる予定

平成27年補助制度として「緑の産業再生プロジェクト事業」の募集もあります。
http://www.pref.nara.jp/item/138839.htm#moduleid52652

協議会に加入後、補助制度が受けられるようです。

木質バイオマス機器に対する導入補助事業で、導入費用の2分の1が補助となり
ます。詳細は募集要項をご確認ください。

 

投稿日時:2015年5月15日
先頭に戻る