おひさま東洋コルク発電所におけるABLの取り組み

このたび、おひさまエナジーステーションにて、企画、事業計画等を実施しましたミドルソーラー事業において、トマト銀行様のABL(アセットベースドレンディング)の取り組みによりファイナンスを実施していただきました。

発電所を安全に運営していくために、おひさまエナジーステーションとカジノン(株)とが共同で出資し、「おひさまミドルソーラー発電株式会社」を設立しております。

「日本におけるエネルギーヴェンデを2020年に実現」を目指して、弊社事業パートナーと共に今後も発電事業ならびに発電支援コンサルティングに取り組んで参ります。

<太陽光発電の事業概要>

(設置者)おひさまミドルソーラー発電株式会社

(住所)山口県防府市大字浜方

(導入容量)305kW

(導入したモジュールメーカー)パナソニック

(稼働日)2014年6月1日

以下、トマト銀行様からもプレスリリースをしていただきました。
関連記事URL:https://www.tomatobank.co.jp/mt/pdf/news_20140612_2

投稿日時:2014年6月17日
先頭に戻る