【資源エネルギー庁公表】再生可能エネルギーの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直し等について

資源エネルギー庁は、新エネルギー小委員会及び同系統WGにおけるこれまでの検討結果を踏まえ、新たな出力制御システムの下での再生可能エネルギー導入システムへの移行及び固定価格買取制度の運用見直しについてとりまとめました。関連する省令・告示改正案についてパブリックコメントを実施します。

とりまとめの内容
○ 新たな出力制御システムの下での再生可能エネルギーの最大限導
(1) 出力制御の対象の見直し
(2) 「30日ルール」の時間制への移行
(3) 遠隔出力制御システムの導入義務づけ
(4) 指定電気事業者制度の活用による接続拡大
○ バランスのとれた再生可能エネルギー導入に向けた対応
○ 接続保留問題を受けた電力会社ごとの対応
○ 福島に対する特別な対応
○ 今後の導入拡大策
○ 固定価格買取制度の運用見直し
(1) 太陽光発電に適用される調達価格の適正化
(2) 接続枠を確保したまま事業を開始しない「空押さえ」の防止
(3) 立地の円滑化(地域トラブルの防止)

○詳細はこちらをご参照ください
http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141218001/20141218001.html

投稿日時:2014年12月19日
先頭に戻る