【おひさまコラム】空き家で街の活性化プロジェクト!


最近何かと話題になっている、「空き家問題」。
水島で、空き家を活用した街の活性化プロジェクトが始動しました!

水島商店街の空き家対策

シャッター街と化した水島商店街の一角にある「旧仁科商事」建物を借り受け、今年6月から、当社顧問の古川が、街づくりの仲間たちの協力を得て改修を進めていきました。

・改修前外観


・改修前内部

地域の皆さんとの改修

粗大ごみの廃棄、室内清掃、壁の塗装、天井の修理、外階段手摺の錆落しと塗装、水回りの補修、電灯設備の設置など、地域の皆さんにたくさんご協力いただきました。

各分野のプロの方々と商店街の幹部、地元古城池高校の教員や生徒さん、岡山大学の教授などの協力を得て、建物の改修は進みました。1人ではできない作業も、たくさん。自分たちで改修したからこそ、愛着がわきます。

・階段清掃中

・ペンキ塗り(古城池高校生)

・壁紙剝し(古城池高校教員&生徒)

・プロ職人による塗装

塗装前                塗装後
  

改修後の活用

建物の改修後、さまざまなイベント、集まりの場としての活用が始まっています。

・夕暮れガーデン開催(10月14日)

・「ゼロの阿蘇」写真展実施(11月11,12日)

12月1日には建物のお披露目会が開催され30名ほどが集まりました。改修の苦労話や、今後の街づくりについて熱く語らいながら一夜は瞬く間に更けていきました。

引き続き、この建物を活用したイベントを開催。空き家を活用して地域を盛り上げてくれそうです。

→その他の【おひさまコラム】はこちら

投稿日時:2017年12月22日
先頭に戻る