【おひさまコラム】寒い冬、ペレットストーブはいかが?

我が家では12年前からペレットストーブを愛用しています。サンポットというメーカーの商品ですが、とても良い商品です。今年使う前に2回目のオーバーホールと一部部品を交換しましたが、今年も順調に暖かさを提供してくれて、とても心地よいです。

 

ペレットストーブの良さ


家の中で灯油を扱うことがないので、とても衛生的です。しかも、子どもや女性も喜んで燃料である木質ペレットを補給できますね。これって、電気自動車に似てますね。ガソリンを扱わず、スタンドにも行かなくて良いので、女性には喜ばれます。

 

ペレット燃料の調達

燃料は地元の備前グリーンエネルギーから購入。備前グリーンエネルギーはあの銘建工業から調達しています。

岡山では、10年程前に、ペレットストーブの補助金が出たので、それを活用した市民がユーザーとして、ペレットストーブを利用しているようです。だから、備前市内周辺と岡山市内では燃料の調達が可能なので、ペレットストーブを導入するのであれば問題ありません。

東北、北海道では、薪ストーブやペレットストーブは当たり前の光景ですね。

 

住宅×エネルギー

最近の住宅のエネルギーに関しては、低燃費住宅のように、エネルギーを使わない家が良いと考えています。低燃費住宅はさらに健康にも貢献します。設計上、結露やカビ等を発生しにくい構造。そして、ユーザーさんに住まい方のアドバイスもされるそうです。内断熱はセルロースファイバー、外断熱はロックウールを採用し、断熱の壁厚だけでいえば20cm程度あります。窓は3重窓。

良い家だと思いませんか。

低燃費住宅の3つ目の特徴は、長持ちする構造です。
【低燃費住宅の特徴】
①エネルギーを使わない
②健康
③長持ちする

しかし、既設の住宅にとっては、断熱等が十分でないケースもあります。
暖をとるにはペレットストーブは優れものです。


気になる燃料代は20kgで1000円。1kgで約1時間燃焼します。

皆さんもペレットストーブの暖かさも是非味わってみて下さい。

→その他の【おひさまコラム】はこちら

投稿日時:2017年12月22日
先頭に戻る