エネルギー減らすサービス

エネルギー減らすサービスとは?

 

断熱ガラスで快適な室内空間をつくります。

窓の断熱性能を上げるリフォームをすれば、夏涼しく冬暖かく、エアコンがよく効くようになり光熱費も削減でき、快適で省エネな家になります。

こんなことありませんか?

①暖房がついているのに窓に近づくとヒンヤリする。

②窓から隙間風が入ってくる。

③結露で窓枠などが黒ずんでいる。

④冬、暖房を止めるとすぐに部屋の中が寒くなる。

⑤冷暖房コストが非常に高い。

⑥暖房していない部屋から冷気が入って気になる。

⑦リビングと玄関、トイレ、脱衣所との温度差を少なくしたい。

⑧地球温暖化防止(CO2削減)に貢献したい。

窓からの熱の出入り

窓は家の中でも熱の出入りが一番大きな場所です。
冬の暖房時に家の中から出ていく熱の60%近くが、夏の冷房時に外から入ってくる熱の70%以上が、窓からと言われています。

(出典:一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会の数値を使用)

壁から床までしっかりと対策をするのが一番いいですが、費用がかかり大変です。
まずは、熱の出入りが大きい窓を重点的に断熱することがおすすめです!

エネルギー減らすサービス おすすめプランの1例

旭硝子の二重窓(内窓)をオススメ!現在の窓に、内窓をプラス。二重窓(内窓)にすることで、防音・断熱・防犯などの効果が高まります。ひと窓あたり、30分〜1時間の簡単工事リフォームです。

旭硝子<まどまど施工例> 出典:AGC旭硝子 インナーウインドまどまど(ヨーロピアンオーク)を取り付ける 施工前と施工後の写真(現在の窓と内側にもうひとつ<まどまど>をとりつける)

二重窓のおすすめポイント

経済性と断熱
一枚ガラスと比べ断熱性能は約3倍!
熱貫流率 一枚ガラス(3ミリ)の場合は5.9ワット/平方メートル・ケルビン、<まどまど>Low-Eペアガラス[外窓(5ミリ)+空気層80ミリ+<まどまど>Low-Eペアガラス(3ミリ+中空層6ミリ+金属膜付きガラス3ミリ)]の場合は2.0ワット/平方メートル・ケルビン(H-5等級)

年間の冷暖房費は、断熱効果によって約2万円前後節約。(数値はあくまでも目安です。詳細はカタログをご覧ください。)

結露を防止
-21℃まで結露を防止!
一枚ガラスの結露発生は8℃、まどまどのエコガラス仕様(3ミリ+中空層6ミリ+金属膜付きガラス3ミリ)にすると−21℃になります。(※室温20℃、室内湿度が50%の場合)

一枚ガラスの結露発生が8℃に対し<まどまど>は、-21℃まで結露発生を抑えることができます。

熱を遮ります
夏の遮熱性は一枚ガラスの約3倍!
一枚ガラスでは太陽エネルギーの透過率は85%、まどまどのエコガラス仕様(3ミリ+中空層6ミリ+金属膜付きガラス3ミリ)では47%になります。

今ある窓と<まどまど>との間にできる空気層を利用して、遮熱効果を高めます。

防音効果
約40dB騒音カット!
(従来のサッシとまどまどで)外の騒音を入れない、騒音80dBが40dBに。室内の音を出さない、室内の音70dBが30dBに。

気密性に優れた構造で、従来サッシと合わせると、交通騒音(80dB)を約40dBカットすることができます。

Q. エネルギー減らすサービスとは?

お気軽にお問い合わせください! 候補地点・導入検討のご相談はこちらから! お電話でのお問合せ 086-225-0233 お問合せフォームへ

先頭に戻る