太陽光発電システムQ&A

太陽光発電の発電量は、太陽光の強さ・日照時間・モジュールの温度などが影響します。モジュールは、温度が上昇しすぎると発電量が減少してしまうため、太陽光が強く日照時間が長い8月よりも、比較的涼しい5月頃の発電量の方が多くなることがあります。

また、近隣の建物や、樹木の影などの影響によって発電量の低下を招く恐れがあります。

おひさまエナジーステーションでは、適切な設置計画を行い、お客様に最適な太陽光発電システムを提案致します。

Q.エコな暮らしになるのはいいけど光熱費もお得になるのですか?

昼間は、おひさまで発電して自宅で使うので、月々の電気代が減ります。
余った電気は電力会社に売電して、他の家庭などで使われることになります。
ele_graph

太陽光発電のメリットとして、
①自家発電ができる
②昼間発電した電気を利用できる
③屋根にパネルをつけることで断熱効果がある
④電気の使い方を意識するので節約意識が高まる
などがあります。

Q.太陽電池パネルの寿命はどのくらい?

太陽電池パネルの耐用年数は20年以上、強風や揺れにも強いのです。
製品保証、出力保証もついているパネルがほとんどです。

Q.大きな地震の時など、電力会社から電気が止まった時に使えるの?

太陽光発電システムが破損していなければ、昼間に発電している電気を使えます。

Q.パネルに雪が積もったらどうなりますか?

降雪地帯における商品に、若干耐荷重の強いパネルがあります。
他にも、パネルの設置角度を30度以上にするなどして雪が落ちる工夫もしています。

Q.落雷の心配はありますか?

あります。避雷針を設置する場合があります。

Q.海に近い場合、塩害の被害はありますか?

あります。塩害仕様のものにします。
ただ、磯の香りがしないような所はあまり問題ないようです。

Q.稼働する時に音はしますか?

パワコンは稼働すると音がします。

Q.余剰電力の買取は何年?

約束されているのは、余剰電力の場合は設置してから10年です。
全量買取の場合は20年になります。

Q.売電収入は、課税対象ですか?

売電収入は一時所得になりますので、基本的に確定申告が必要となります。
一般家庭での確定申告は、必要ないことが多いそうです。

おひさま電気サービス導入事例

先頭に戻る